お問い合わせ 大阪市立大学 大学院医学研究科・医学部医学科

HOME > 事業の概要

7大学連携個別化がん医療実践者養成プランとは

このたび、近畿圏の国公私立7大学9学部の医学、看護学、薬学、理工学系大学院研究科が相互連携し、多様化する新ニーズに対応した個別化医療を実践できるがん専門医療人の養成を推進する「7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン」が文部科学省・平成29年度研究拠点形成費等補助金事業「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」に採択されました。

近年、多様化するがん医療において直面する新たなニーズや課題への対応が求められています。本プランでは、①ゲノム医療の実用化に向けた課題、②希少がん及び小児がんにおける課題、③異なるライフステージのがん患者に生じる特有の課題をテーマに掲げ、3つのタスクフォース(ゲノム・サイエンス、教育イノベーション、マルチパートナーシップ・アライアンス)が有機的に連携することによって、患者中心の個別化医療を実践できる多職種のがん専門医療人材の養成を目指します。

全体図

7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン

【多様化するがん医療における新たなニーズや課題】

  • 「ゲノム医療」の実用化に向けて、ゲノム情報に基づくがんの個別化医療を実現するための基盤整備が課題であり、遺伝カウンセリング体制やゲノム研究の推進及びこれらに係る人材養成が必要とされています。
  • 「希少がん及び小児がん」においては、専門医や医療機関等が不足していること、病理診断が困難であること、研究推進体制が不十分であることや、小児がん患者・家族に対する医療や支援の提供体制の強化が課題であり、専門医及びチーム医療を実践できる人材養成が必要とされています。
  • 思春期・若年成人(Adolescent and Young Adult: AYA世代)、壮年層、高齢者といったライフステージごとに異なるがん患者の身体的、精神・心理的、社会的問題等に適切に対応することが課題であり、様々な支援や緩和ケアを実践し、「ライフステージに応じたがん対策」を推進できる医療人材養成が必要とされています。

【課題解決に向けた対策と取組】

本プランでは、3つのタスクフォース(TF)を設置し、「ゲノム医療」「希少がん及び小児がん」「ライフステージに応じたがん対策」に対して、それぞれに全ての大学が関わる事で拠点全体として取り組んでいきます。「TF1 ゲノム・サイエンス」では、遺伝カウンセラー養成を含めたがんゲノム医療を実用化するとともに連携大学間及び産学官共同研究を推進、「TF 2 教育イノベーション」では、個別化医療実現のための革新的教育プログラムを開発、「TF 3 マルチパートナーシップ・アライアンス」では、地域医療機関、自治体・公的機関、各種職能団体、患者会、NPO法人等との連携・支援体制を強化し、各タスクフォースが有機的に連携することによって、患者中心の個別化医療を実践できるがん専門医療人の養成を目指します。

共同申請大学 ー7大学9学部連携組織ー

  • 近畿大学 大学院医学研究科
  • 近畿大学 大学院薬学研究科
  • 近畿大学 大学院総合理工学研究科
  • 大阪市立大学 大学院医学研究科
  • 神戸大学 大学院医学研究科
  • 関西医科大学 大学院医学研究科
  • 兵庫医科大学 大学院医学研究科
  • 大阪府立大学 大学院看護学研究科
  • 神戸市看護大学 大学院看護研究科
7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン