お問い合わせ 大阪市立大学 大学院医学研究科・医学部医学科

HOME > がんプロからのご挨拶

がんプロからのご挨拶

 わが国の死因第1位の疾患である悪性腫瘍は国全体で取り組むべき問題として、政府が平成18年度に施行された「がん対策基本法」に基づき「がん対策推進基本計画」を政策として始めました。
これを受け文部科学省は、平成19年度より「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」として手術療法、放射線療法、化学療法その他のがん医療に携わるがん専門医療人を養成する大学の取組を支援することを目的とした国の事業を開始しました。
 本事業はがん対策推進基本計画の見直しとともに1期5年ごとに実施されており、大阪市立大学は近畿の7大学と相互に連携・協力し第1期のプランから文部科学省より高い評価をうけ続け多くのがんを専門とする医療人の輩出を行ってきました。
 平成29年度より第3期事業の研究拠点形成費等補助金「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」に我々の新規「7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン」が採択されました。
 本事業では3つのタスクフォース(TF)を設置し、本学はTF2教育イノベーションの主幹校となりました。
 連携大学とともに新たながん対策に求められる個別化医療を実現するための革新的な教育プログラムの開発を通して、多様化するがん医療における新たなニーズに対応でき、患者中心の個別化医療を実践できる優れたがん専門医療人材(がんプロフェッショナル)の養成と輩出することを目標としています。
 大阪市立大学大学院医学研究科では、7大学合同で大学院生等を対象にした新「共通特論」(講義30コマ)、多職種でチーム医療や患者との関わりを学ぶ模擬患者による多職種参加型個別化医療課題演習、多職種参加型症例検討演習など、多職種が合同で行う講義・演習を行っており、教員を対象とした事業では、グローバルFD研修、教育イノベーションセミナーなど教員教育を実施しています。
 また、地域の医療従事者を対象とした事業ではインテンシブコースの設置、次世代がん専門医療人養成セミナー、緩和医療研究会、がんフプロフェッショナル養成セミナーなど多くのプログラムとセミナーを行っており、がんサバイバーや地域の医療人を対象にがん患者のためのリフレッシュセミナーなど就労支援を目的とした活動も行っています。
 このように多種多様な活動を行っているため、第2期の7大学連携先端的がん教育基盤創造プランの教育改革の事業は外部からも高く評価され、文部科学省の最終評価も最高評価であるSを獲得いたしました。
 今期も昨年度の外部評価では非常に高評価を得ており、多くのがん医療人の教育と輩出を行うことに貢献しております。

文部科学省採択事業
多様な新ニーズに対応する「がん専門医用人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン
7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン
TF2 教育イノベーション リーダー
大阪市立大学大学院医学研究科 呼吸器内科学・臨床腫瘍学 教授
川口 知哉